• 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09

本当の「私」を知るブログ


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--_
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「恐れ」を創る私

  1. 2014/04/12(土) 10:00:00_
  2. ブログ
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
201404120205257af.jpg

猫は高い所が好きなはず。


と、お姉ちゃん猫のりん(茶色)が
カーテンレールにガシガシ登る姿を
見上げていた弟のなぎ(白色)を乗せてみる。


「あれ?上の景色って、違うよ。。。」
と、腰を抜かして身動きがとれなくなったなぎ。

その姿を見て、
「なにしてるんだぁ~!」
と、叱咤激励しているりん。


「怖い!」という「恐れ」を創った途端に、
本当は大丈夫なことも、
スムーズにいかなくなる。


その「恐れ」を創ったのは、
私の考え。
腰が引けて、身動きが取れなくなったら、
なんにもできなくなる。


「なぁんだ。ボク大丈夫だよ。」
と、知っていたら、もっとスムーズに進めるんだなぁ。


なんでも大丈夫な私を知る。
ことをスムーズに運ぶヒントがそこにある。



スポンサーサイト

「ワクワク」にはまる

  1. 2014/04/11(金) 10:00:00_
  2. ブログ
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
201404102221106d2.jpg

「枠」にはまった猫。


これはあくまでも外側からみた話。
内側の猫は自由に動けるのです。


「私は○○だ!」と、
自分で役割や在り方に「枠」を当てはめる。
よくある話ですが、本当に生きにくくしてしまう。


その「枠」を創ったのは、誰でしょう?

他の誰でもない、「私」自身です。
その役割を演じ続けるために、
「私」を規定して、「枠」に当てはめて苦しくなる。
心の違和感を大きくしていきます。


本当の「私」とは?
思考や思い込みでなく、
深く心から沸き上がってくるものです。


「ワクワク(枠々)」を外して、
「ワクワク(沸く沸く)」を知る。

楽に生きるためのヒントです。



楽に生きること。
一緒に探してみませんか?

悟った明神さんの「差取り塾」にそのヒントがあります。
私もサポートいたします。

悟らせ屋 悟り・明神「差取り塾」http://subetetsunagaru.blog133.fc2.com/blog-entry-894.html



桜の永遠

  1. 2014/04/10(木) 10:00:00_
  2. ブログ
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
201404092051076c6.jpg

家のまわりの桜もやっと満開に近づいてきました。

やっぱり、朝晩冷えるんだなぁ。
と、あらためて実感です。
都内よりも、かなり遅かった。


桜の季節はいろんな始まりの時期。
毎年、この季節になると、
桜にまつわる想い出とともに
感傷にひたる方も多いのではないかと思います。


桜の花を楽しめる季節は、1週間くらい。
そして、すぐ散るその儚さに夢を見る。


でも、桜はずっとそこに佇んでいます。


花が散り、若芽が芽吹き、力強く伸びる夏。

葉が色づき、名残惜しそうに散っていく秋。

寒さのなかで新芽を膨らませる冬。


どの瞬間であっても、完全でうつくしい。

のに、
心に残るのは桜の華やかな側面ばかり。
その花ぶりで、桜の評価をして、宴に酔いしれる。


「ひとはな咲かせる」生き方よりも、
いつでも完全である「桜の永遠」をみる生き方。
完全性を知る方が楽しみが増えて、人生の深みが増す。


MINMI さんの『さくら~永遠~』
元気がでます。
http://m.youtube.com/watch?v=-rGQWs0Cer0



創り手の想いが形に残る

  1. 2014/04/09(水) 11:32:25_
  2. ブログ
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
上野原にある登山道。
八重山コース。
530mの初心者にも登りやすいコースです。

http://www.city.uenohara.yamanashi.jp/shokokanko/yaeyama.html


IMAG1077_1_convert_20140409112929.jpg

小1時間歩きつづけ、山頂に到着。

美しい眺望を楽しめるところにその東屋(あずまや)があります。

数年前に明神さんが建てた東屋は、
今も登山客が休めるようにと、ひっそりと佇んでいます。


山頂なので、
何十キロもの資材を運ぶのも、途中から担ぐというスポコン的なお仕事。
その努力で創り上げたものが、今でも人々の憩いにつながっている。


私は山ガールとして、登山を楽しむ側「受け手」としてばかりでしたが、
登山道を整え、施設を創る、「創り手」としての視点を感じることができました。


「創り手」の想いが形として残り、
人々の快適、安らぎにつながっている。

いろんな想いが形になっていく、創るという仕事。
本当に尊い。



「おいしいシュークリーム」という過去の記憶

  1. 2014/04/07(月) 01:45:32_
  2. ブログ
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
私のなかで、
「日本一おいしいシュークリーム!」
と、ずっと記憶に残っていたケーキ屋さん。

八ヶ岳のアングーテ・ア・ラカンパーニュさん。

久しぶりに訪れました。




あえて、
「日本一おいしい!」
という、固定観念を捨てて味わってみると・・・

「むむっ?(眉間にシワがよる)」


やっぱり。。。
唸るほどおいしい♪

でも、
それも味わってみなくてはわからないのです。

「おいしい」という勝手な思い込み。
それを期待した途端に、
自分でハードルをあげてしまう。

特に記憶に照らし合わせることで、
その期待感をもっと高めてしまう。

目の前のシュークリームは、
いつも同じでいて、
毎回違うもの。


その「あるがまま」を「そのとき」に味わう至極。

いつでも新鮮な心持ちで、
そのモノや人との関係も向き合えたら、
本当の楽しみを味わいつくせるのです。

過去の記憶に執着しないことで
「楽」に生きてみませんか?



NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY



プロフィール

ヤスミン

Author:ヤスミン
「私」を見つめて、本当の「自由」を知る。
すべては「あなたの心持ち次第」という視点で、
ブログを更新しています。

最新コメント

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。